ご祝儀・マナー

知らないと恥ずかしい!結婚式出席するときのNGな服装!【男性版】

投稿日:2018年2月7日 更新日:

Pocket

結婚式に出席する男性の皆さま、着ていく服装に困っていませんか?

スーツならまあ、いいんぢゃね?なんて思ってませんか?

男性の服装にも、知らないと恥ずかしいNGな服装がいくつかあるので、以下に紹介します。

結婚式出席時のNGな服装

白いスーツ!

白!白!白!!ど派手な白いスーツに白いシャツ、白いパンツに白い靴!ネクタイはちょっとおしゃれに色柄もので決めて、良し決まった!・・・

まず「こんな人はいないだろう!」と思いたいのですが、意外や意外!何気にいるんです。私が入社したての頃に、会社でこの白いスーツを着た方が実際にいらっしゃいました。
色々なサイトでも同じように白いスーツはダメと言っていますが、実際に白いスーツを着ている人を見て、目が「点」でした。
また、明るいグレーやピンクなど、パッと見て白に近い色のスーツはNGになります。

結婚式の主役はあくまでも「新郎新婦」です。

新郎の衣裳と色味がかぶるようなスーツは、マナー違反だと覚えておきましょう。主役の引き立て役に徹し、出席者は黒かダークカラーのスーツを選ぶのが良いです。

黒いスーツに黒いネクタイ!

何を勘違いしたのか、「フォーマルだから黒いスーツで蝶ネクタイが黒もあるので、ネクタイも黒でもいいかも」なんて勝手に思い込んでお葬式スタイルで出席してしまう痛い人。

無地の黒のスーツ自体はフォーマルで、結婚式に着て行く人も多いので、ここまではOKラインです。でも、黒のスーツに黒のベスト、そこに黒のネクタイなんかを合わせてお葬式スタイルだと気づかずにフォーマルだと思い込んでしまう人がごくたまにいるようです。結婚式で黒のネクタイは絶対ダメです。

黒のスーツと黒のベストはマナー違反ではありませんが、あまり全体が暗くならないように、白いチーフやちょっと明るい色のチーフをワンポイントにして、おしゃれに決めたいところです。
スーツが黒ならベストをグレーにしたり、ベストが黒なら暗い紺やグレーのダークスーツを選んでも良いです。ネクタイが明るいシルバーやパステルカラーなんて感じのワンポイントで華やかさを感じさせるのもアリです。

場違いの悪乗りコーデ

お祝い事なので、パーッと明るく目立つ感じで蛍光色!なんて派手すぎる服装も場違いです。
派手な柄が入ったスーツやシャツ、うけを狙った面白ネクタイなど、新郎よりも目立ってしまうようなコーディネートももちろんNGです。
シャツもネクタイも、白地で無地のものが基本ですが、格式高い結婚式でなければ、淡いパステルカラーのシャツや、細かい模様の入ったネクタイはOKとされることが多くなっています。

スーツも、薄いストライプ程度なら許容範囲ですが、あくまでも出席者は引き立て役に徹し、控えめなオシャレがマナーです。
派手すぎるものは目立ちすぎで、相手に失礼です。ベルトも、バックルが異様に大きいものや、ラメつきなんて派手な飾りのものももちろん論外です。

ビジネススーツでフォーマル感ゼロ!

あくまでも引き立て役だし、普段来ているスーツなら何となく落ち着いた色なので、問題ないかな?なんて、ビジネススーツで出席しようとしている方、駄目です。それ。

ビジネススーツそのものがNGなわけではなく、普段着の延長の感じで出席するのがNGなんです。
普段のビジネススーツに普段のネクタイ、くたびれた革靴・・・仕事帰りについでに寄ったような服装では、いかにワンポイントで小物を足しても相手に失礼です。

ビジネススーツを結婚式に使うなら、ネクタイやポケットチーフの他にカフスボタンなどのちょっとした光物を添えて特別感を出しましょう。
男性はバッグは不要ですが、小さめのクラッチバッグ程度なら許容範囲です。ただ、昭和のプロデューサーのような感じも否めないので、あまりお勧めしません。

アニマル柄でワンポイント!

カジュアルスタイルな結婚式の場合、柄物を取り入れてオシャレする人もいると思いますが、「アニマル柄」は避けないといけません。
アニマル柄のネクタイにお揃いのポケットチーフ、靴はクロコダイルでピカピカ!・・・キマった!・・・

いえ、これ非常によろしくないんです。別に「大阪のおばちゃん感」が出るからという訳ではなく、結婚式でアニマル柄を取り入れるのは、「縁起が悪い」んです。
「動物の殺生をイメージさせる」から、というのがその理由です。

同じ理由で、靴もヘビ革やワニ革、スエードなどの素材はNGです。
?牛革は良いの?ミンクなどの毛皮などもダメなの?一緒じゃない?

ごもっともですが、年配の人など気にする人がいるので、あからさまにアニマル物とわかるようなものは避ければ、大丈夫です。お祝いの場ですから、無難に避けましょう。。

カジュアルコーデ

結婚式では、フォーマルな場にふさわしい服装で行くのがマナーです。
度が過ぎる、キャラもののネクタイやチーフを着けたり、どこかのイベント参加やお買い物ですか?なんてリュックやトートバッグを持っていくのはやめましょう。
また、意外と間違いだと気づけないものとして「ボタンダウン」と呼ばれるボタンで襟をとめるデザインのシャツや、太めのベルトもカジュアルな部類に入るらしいです。
この程度なら・・・と崩した感を出そうとして失敗するパターンですから、気を付けましょう。もちろん、格式高い結婚式では「ボタンダウン」のシャツは失礼にあたるので、間違えないようにしましょう。

足元がラフすぎる!

靴下は黒が基本ですが、カジュアルスタイルのパーティーなら柄物程度は許容範囲です。
ただし、くるぶしが出るスニーカーソックスは駄目です。きちんと足首が隠れる長さの靴下がフォーマルです。白い靴下は小さな子供以外は避けないといけません。

靴はスニーカーやブーツは礼儀に反します。サンダルを履いていく人は見たことがありませんが問題外です。
フォーマルな靴といえば、「革靴」ですが、前述のとおり「ワニ革、ヘビ革」は避けましょう。
デザインも、何もデザインが入っていない「プレーントゥ」の紐靴がベストです。小さな穴が開いた「メダリオン」はカジュアル扱いなので気を付けましょう。黒ならわかりづらいので良いかもしれませんが、避けるのが吉です。

まとめ

絶対こんなやついないよ!というものから、あれ?これ駄目なの?といった普段なら気づけないようなものまで、ご紹介しました。何気に気をつける点があると思います。

当日恥をかかないために、しっかりチェックしておきましょう!

誰が見ているかわかりません、もしかしたら未来のお嫁さんがそばで見ているかもしれませんよ。

-ご祝儀・マナー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式招待状の返信マナー!きちんとできてますか?

挙式や披露宴の招待状が届いたら、できるだけ早く出欠の返事を出すのがマナーです。 出した側は、出欠確認を使って、食事、引き出物、席次表、などの準備をするわけですから、早く出してあげないと正確な数を把握で …

知らないと恥ずかしい!結婚式出席するときのNGな服装!【女性版】

結婚式にお呼ばれしたのはいいけれど、いざ出席しようと思った時、意外と知っているようで知らない結婚式の服装マナー。 NG服を確認して、恥ずかしい思いをしないようにしましょう。 原則NGとなる服は、新婦よ …

結婚式のご祝儀相場、友人・いとこ・同僚・部下、いくらが妥当?

結婚式に招待されたとき、「ご祝儀はいくら包んだらいいの?」と悩むことも多いのではないでしょうか。 ご祝儀の相場・マナーを確認して、晴れ晴れとした気持ちでお祝いしましょう。 Contents1 ご祝儀の …